2012年 ファルコンステークス レース後のコメント

      2012/07/07

中京11Rの第26回ファルコンステークス(GIII、3歳、芝1400m)は4番人気ブライトライン(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24 秒0(重)。1/2馬身差2着に12番人気レオンビスティー、さらに2馬身1/2差で3着に3番人気サドンストームが入った。

ブライトラインは栗東・鮫島一歩厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母シェリーズスマイル(母の父King of Kings)。通算成績は8戦3勝となった。

2012年 ファルコンステークス レース後のコメント

1着 ブライトライン(安藤勝騎手)
「1400mくらいの距離が競馬がしやすいです。4コーナーでは前を射程に入れて、直線追い出すとまだモタれるところがあり、子供っぽい面があります」

(鮫島一歩調教師)
「まだ子供っぽいところがある馬ですが、これでマイルCに行けます。楽しみです。直行するかどうかは馬の状態を見て決めたいと思います」

2着 レオンビスティー(国分優騎手)
「最後は決め手の差でした。1400mなら折り合いも心配ないのでしっくりきます。馬自体も成長しているようです。きれいなトビをする馬なので緩い馬場はどうかと思いましたが、よく頑張ってくれました。一瞬やったと思いましたが…」

3着 サドンストーム(勝浦騎手)
「スタートはうまく出てくれて、いい位置でいいところを通って行きました。左回りの方がいい馬で、ここは何とかと思っていたのですが、早めに交わされてしまいました。それでも力は見せてくれました」

10着 トウケイヘイロー(後藤騎手)
「落鉄しました。このような力の要る馬場で落鉄は余計に影響があったと思います。それに道中、他の馬にぶつけられてガツンとハミを噛んでしまいました」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - NHKマイルカップ, ファルコンステークス , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。