2012年 毎日杯 レース後のコメント

      2012/07/07

阪神11Rの毎日杯(3歳GIII・芝1800m)は、1番人気ヒストリカル(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒6。3/4馬身差の2着に3番人気マウントシャスタが、半馬身差の3着に7番人気スピルバーグがそれぞれ入線。

ヒストリカルは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ブリリアントベリー(母の父ノーザンテースト)。通算成績は5戦2勝となった。

2012年 毎日杯 レース後のコメント

1着 ヒストリカル 安藤勝己騎手
「以前よりも楽について行けるようになっています。今日はなるべく外に出そうと思っていたのですが、なかなか出せずに仕掛けが遅れました。それでも残り1 ハロンからは脚が違いましたね。折り合いには問題ないですし、おっとりしたタイプで距離もこなせそうです。期待しています」

2着 マウントシャスタ 池添謙一騎手
「スタートは半馬身ぐらい遅れましたが、その後はスムーズに運べました。直線で抜け出すときの脚が予想以上に速かったので、結果的にはもう少し追い出しを 我慢してもよかったかもしれません。ただ、勝ちに行った結果ですし、これで賞金も加算できましたから、本番が楽しみになりました」

3着 スピルバーグ 四位洋文騎手
「フットワークが大きい馬なので、こういう馬場は厳しいですね。下を気にしていたので、外に出して行きました。最後もよく来ていますが、もっと馬場がよければ……。乗り味もいいですし、ポテンシャルを秘めている馬だと思います」

4着 フジマサエンペラー 田中勝春騎手
「この馬場も苦にしませんでした。この中間がもう少し順調ならよかったのですが……」

7着 マイネルカーミン 津村明秀騎手
「先行策で、馬場の最内を狙っていきました。最後も盛り返しているんですけどね。まだよくなりそうです」

9着 ショウナンラムジ 藤岡佑介騎手
「折り合いを重視してじっくりと運びました。折り合いはつきましたし、叩いて次はよくなると思います。素質を感じさせる馬です」

11着 エアソミュール 岩田康誠騎手
「前にカベがなくなるとガーッと行ってしまいました。調教では大丈夫だったのですが、レースに行ったら折り合いを欠いてしまいました」

12着 エロイカ 浜中俊騎手
「少し出負けする形になったので、じっくりフワッと運ぼうと考えていたら、引っかかってしまいました。初戦よりテンションが高かったので折り合いには気をつけていましたが、あれほどまともに引っかかってしまうと……」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - NHKマイルカップ, 毎日杯 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。