2012年 ニュージーランドトロフィー レース後のコメント

      2012/07/07

中山11Rのニュージーランドトロフィー(3歳GII・芝1600m)は、1番人気カレンブラックヒル(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2。2馬身半差の2着に2番人気セイクレットレーヴが、ハナ差の3着に4番人気ブライトラインがそれぞれ入線。

カレンブラックヒルは栗東・平田修厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母チャールストンハーバー(母の父Grindstone)。通算成績は3戦3勝となった。

2012年 ニュージーランドトロフィー レース後のコメント

1着 カレンブラックヒル 秋山真一郎騎手
「前回で控えるレースの練習をしていたし、荒れ馬場も平気ですので、今日は自信を持って乗りました。道中の手応えがよく、抜け出す脚は速かったです。いい馬ですね。このまま無事にいって欲しいなと思います」

平田修調教師のコメント
「強かったです。追い切りの動きがよく、具合もよかったので楽しみにしていましたが、想像以上のレースでした。今までと違う形でしたが、しっかりと伸びて いました。ゲートが悪くてデビューが遅れたように気性に難しいところがあるのですが、心配していた輸送をクリアして、体も思ったほど減っていませんでし た。次はNHKマイルCです。中山よりも東京の方が向いていると思いますし、楽しみにしています」

3着 ブライトライン 安藤勝己騎手
「返し馬から気持ちが乗りすぎていて、レースでも反応がよすぎました。もっと息を入れて走れるようになるといいですね。距離云々よりも問題は折り合いです」

5着 サドンストーム 勝浦正樹騎手
「スタートは速い馬なのに、最内枠に入ると不思議と出ないんですよね。今日はスタートがすべてです」

12着 ロードラディアント 丸山元気騎手
「勝ち負けと思うぐらい伸びていましたが、詰まってしまいました」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - NHKマイルカップ, ニュージーランドトロフィー , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。